<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
よーわからん

理屈だけでは可愛くないし

理屈なしでは芯が立たない

 

バランスですなぁ何事も

 

ところで銃弾の反跳ですが…資料が見つかりませんでした!

正面からぶち当たった資料なら山ほどあるんですが

反跳の資料はない感じです

 

でも多分昨日の荒れでそんなに間違いはないと思う

締まった泥に石やボール投げつけるとはねた場合には大体あんな感じに

泥がなるので…いや知らないっすけどね

実物で試してみなければ、そうだ、ハワイかグアムに行って撃ってこよう!

 

いつかはw

| - | comments(0) | trackbacks(0)
今日の背景問題

鉛の弾が、石畳に当たって反跳した場合に

その後の石畳の削り跡はどのような形状になるか描写せよ

 

 

むうううう!なんという難しい問題!

写真探せばいいんでしょうが、ちょっと元理系をかじった人間として

想像してみました!

こんな感じじゃね?明日ググってみることにしましょう

皆さんはどう思いますかね?

| - | comments(0) | trackbacks(0)
アシの合間に研究

やはりかき分けの鍵はプロポーションにあることを再確認

パーツごとの位置関係なんですねえ

デッサンの教科書にいの一番で書いてあることではありますが

改めて再確認。

 

なんとかやれそうです。すこし又自信を取戻せました

この調子で多方面から攻略して、自信をとりもどしてゆけば

失った(時分で封じていた)ものも取り返せるはず

 

明日からはまたアシのお仕事ですーがんばりまする

| - | comments(0) | trackbacks(0)
立体感とプロポーション

最近思ったのは

根本的に立体感とプロポーションのとり方のセンスが無いなと。

全体を大まかに捉えることができても

各部分のバランスがぜんぜん取れてない

アンバランスになってしまうのですなぁ

 

正確さが必要だ、その感覚を自分のものにしないと

デッサンが歪んだ絵しか書けないという結論に

ーといっても、昔から書き上げた絵を左右反転させて見てみるとか

努力はしてたんですが、目が慣れてしまうと狂っていても狂って見えない

「ただしい!」

と思いこんでしまう自己暗示力が強いんでしょうね。これでは困る

正確さの感覚を身につける練習を!

 

んで早速道具に頼る

モデリングした。これなら狂ってることはありえない!

おし、しばらくこれで練習してみましょう!

 

当惑顔のキャラたち

| - | comments(0) | trackbacks(0)
チョコ食いたい

どうでもいいがチョコ食いたい

今日危なくIMACのっ古いやつを買いたくなって

オクに思わず入札、落札30秒前に誰かが入札してくれたので

買わないですみました、金もないのに危ない危ない

 

じぶんはPC履歴はMACから始まってますので

アレの良さも悪さもわかってるつもりですが

とにかく何もかも高い割に純粋な処理性能がいまいちWINに劣るんで

いつのまにやらWIN使いになってしまいました

ーとはいえいつかはまたMAC使ってみたいです

 

マック時代の名残は…

まだ棚にMAC版PHOTOSHOP7があります、そのくらいかなw

| - | comments(0) | trackbacks(0)
アシ中は眠い

 

くっそ眠いです。例によって3D作業中なのですが

まだ修行中でもあるので、作画に凄く集中力を必要とするんすよ

普通のペン入れとかより頭が疲れますね。(ペン入れは指が疲れます)

3Dは目的を達成するのにいろいろとやり方があって、最適かつ早くきれいなやりかたを

いかに選択するかと、絵としてのバランス感覚が大事です

なんてか、結局絵のセンスが無いと3Dやっても使いにくい背景になってしまうのですねえ

3Dも、絵なのですー

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0)
ふむぅ

キャラデザイン中…ふむ。

 

 

| - | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/96PAGES | >>