<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3D屋さん

趣味で始めた3DCGですが

最近じゃアシ作業の半分以上が3Dづくり

ちょっと複雑な気分ですw

 

それはそれとて、今回は古い英国のリボルバーを作ってるのですが

現代銃と比べると、エレガントですねえー美しい!

色んな所が、現代的にいえば「無駄」といえないこともないのですが

それは現代の素材や製造技術だからそう思えるだけで

当時の銃はそれはそれで当時の最先端、戦うために無駄なんてないわけです

まぁ、飾りは確かにあるんですがそれは今の銃とておなじこと

作りての「美的感覚」がたとえNC旋盤でさえも反映されているように

当時の銃、ヴィクトリア時代なのですが、その美的感覚が

反映されているんですねえ。たとえ銃一丁でも。

漫画もそういうものでしょうね、時代の美的感覚を反映してる

 

最先端であり続けようと、戦い続けようと思えば、かならずそこには美があるのでそう

 

しかし、ヴィクトリア時代の「曲線」はなかなか描くのが大変ですねえ

現代銃のほうが直線基調で絶対楽です!3Dづくりも結構シャレにならない時間がかかる

大体2倍ぐらいかな?むむむ…三好先生すみません、ご許容いただき感謝です、頑張ります

 

| - | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://okadamatuoka.jugem.jp/trackback/686